トップページ

    このサイトではアウディA3の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディA3の買取相場を検索して高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    アウディA3を高く売るために必要なことは「複数の車買取店に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近くのアウディ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、アウディA3(Audi A3)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社にアウディA3の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「少しでも高く売りたいからアウディA3の買取相場を調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているアウディA3の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのアウディA3でも高く売れる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アウディA3の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「サクッと数年落ちアウディA3の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディA3でも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10もの会社がアウディA3の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのアウディA3を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したアウディA3を査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したアウディA3を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の取扱車両は外車のみで1500台。全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、ドイツ車のアウディA3を売るなら大手買取店より高く買い取ってくれることがあります。
    なので、ドイツ車のアウディA3ならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って概算査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取店に見てもらった後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたアウディA3を売りましょう。







    大きな中古車買取店のほとんどが、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することで受け取れるのが一般的ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    具体的にいうと、ネット上の特定のページから無料査定を行ったら一定のポイントが貰えるなどです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    中古車売買における車の査定基準というものは、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、実際の査定金額を導き出します。

    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を手放すときには、個人情報を公開しなければなりません。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を結んだ相手の住所や名前などを記載しておく義務が発生するからです。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど契約金額に関する文章は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから契約書を交わすようにしましょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると費用面のことは失念しやすいですから、査定手数料が必要なのかどうか契約前にいま一度はっきりさせておきましょう。

    仮に有料だったとしても、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    買い替えで下取りということになれば今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    代替交通機関がないときは、あらかじめ査定を依頼する前に代車手配が可能かどうか確認しておきましょう。

    業者によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため早いうちから確認しておくことが大事です。

    自動車税というものは、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかし、車売却の時には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額をプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    さらに、還付金がある場合でも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して手続きをしてはじめて還付されます。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても引き取ってもらえなかった場合、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    廃車業者を利用するメリットは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。