トップページ

    このサイトではアウディA3の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディA3の買取相場を検索して高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    アウディA3を高く売るために必要なことは「複数の車買取店に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近くのアウディ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、アウディA3(Audi A3)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社にアウディA3の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「少しでも高く売りたいからアウディA3の買取相場を調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているアウディA3の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのアウディA3でも高く売れる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アウディA3の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「サクッと数年落ちアウディA3の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディA3でも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10もの会社がアウディA3の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのアウディA3を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したアウディA3を査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したアウディA3を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の取扱車両は外車のみで1500台。全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、ドイツ車のアウディA3を売るなら大手買取店より高く買い取ってくれることがあります。
    なので、ドイツ車のアウディA3ならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って概算査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取店に見てもらった後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたアウディA3を売りましょう。







    中古車を査定するときに持っていなければならない国家資格はありませんが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと与えられませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、あくまでも簡単な査定方法にて算出した査定額となっています。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は違って当然ですから、具体的な実際の査定金額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、気を付ける必要があるでしょう。

    持っている車を売ろうと決心したときには、一番最初にすることは、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    相場が判明していれば異常に安値で売却させられる可能性をグッと低下させることができますし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    どうしても車が必要であれば、実車査定の段階以前にあらかじめ必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    会社や店舗ごとにまったく代車がないなどということもありますし、早いうちから確認しておくことが大事です。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは実車査定をする際に確認される部分です。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、修理代を上回るほどの査定額アップはまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    しかしまったく売却不能という意味ではありませんから大丈夫です。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を購入する際にも必要になってくるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    無料一括査定サイトを利用すると直後から営業電話が沢山かかってくるようになりますが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで勧誘の電話を止めることが出来るでしょう。

    自分の車に対して査定額が高かった何社かを選択して、現実の見積もりに進んでいきましょう。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは後から難癖を付けて買取価格を下げる可能性があるので要注意です。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    その気になる条件ですが、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    更に、保険金の還付があったとしても自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    保険会社に対して自分自身で手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。