トップページ

    このサイトではアウディA3の買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディA3の買取相場を検索して高い金額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    アウディA3を高く売るために必要なことは「複数の車買取店に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近くのアウディ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、アウディA3(Audi A3)の買取金額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社にアウディA3の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「少しでも高く売りたいからアウディA3の買取相場を調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と言う場合ならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているアウディA3の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのアウディA3でも高く売れる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    アウディA3の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「サクッと数年落ちアウディA3の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディA3でも高く買い取ってもらうことができます。

    最大で10もの会社がアウディA3の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたのアウディA3を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したアウディA3を査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したアウディA3を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車買取の専門店。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の取扱車両は外車のみで1500台。全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、ドイツ車のアウディA3を売るなら大手買取店より高く買い取ってくれることがあります。
    なので、ドイツ車のアウディA3ならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って概算査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取店に見てもらった後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたアウディA3を売りましょう。







    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、事故車や輸入車や軽自動車など、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    もし売却予定の車が軽だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、なんとなく分かります。

    大方の業者には当てはまらないことですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    所定の契約手続きをしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    中古車販売の営業さんの話を全部信用しきってしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    現時点での査定相場が前もっておおよそ幾らぐらいか調べておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに価格交渉するつもりで心の準備をしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、実印がなかったり必要書類が不足していれば本契約したことにはなりません。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、売却(査定)業者を決める前に、書類を整えておく必要があります。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためには中古車査定一括サイトをうまく使うに越したことはありません。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    肝心の査定結果が得られたところで、見積額の高い業者の幾つかと今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、現物や店舗次第という感じです。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、むしろ減点になる場合もあるわけです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースが散見します。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかし、あくまでも目安ですから、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車売却の際にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子を崩すことが多くなってきます。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、双方が得するように売買可能になるのです。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから手間取ることが目に見えていますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。